こどもと一緒にバルセロナ

スペインでの子育ては他の国に比べて意外に子育てしやすいと思います。なぜならスペイン人は比較的子ども好きで、やさしく対応してくれます。他のヨーロッパに比べても子どもが好きな人が多く子どもがいると声をかけてくる人が多いです。田舎に行けば行くほどその傾向は高まり、最後にあなたの子どもは中国語を話すなんてすごいわね!(スペインの田舎ではアジア人はみんな中国人だと思っているような)なんていわれても気にしないで下さいね。

 

バスや地下鉄なども妊婦さん、小さい子ども連れの椅子が用意されており、皆さんが譲ってくれることが多いです。またレストランも高級レストランではない限り、子ども連れで煙たがられることはまずはありません。


学校について

学校はなんと3歳からの就学率が2012年で99%に達しており世界の中でも1位、 2位の位置で早期教育が発達しています。元は元首相ザパテロが働く女性を応援するために実施した教育改革なのですが、0~1歳の間から保育園に行く子ども も多く、早くから団体行動、しつけが始まります。そのため、トイレトレーニングや、手洗い、服の着方など学校で覚えてくるため、ママにとっても楽です。3 歳からはほとんどの学校で9時から17時まで預かることが多く、長い時間での学校生活でストレスがあるかもと思いがちですが、意外に子どもたちは小さいと きから適応しているようです。続きをよむ。学校のリスト


医療について

意外にも医療の質が高く、大きな都市には公立、私立を問わず子どもだけの専門の小児 科病院があります。病院の先生や、スタッフの人たちも対応がよく話をよく聞いてくれます。また緊急医療も整っており、家に診察に来てくれることもありま す。(保険会社によってチェックして下さい)

 

産婦人科も病院自体が別の病棟、場所に分かれていることが多く手厚く診察、出産立会いしてもらえることが多いです。スペイン語が話せなくて心配な場合は医療通訳をお勧めします。先生はとても優しく出産も安心してできます。


おすすめの公園

バルセロナには公園がいっぱい。

バルセロナ市内の公園郊外の公園屋内キッズパーク


社会見学・牧場

バルセロナの近郊には多くの工場があり子供向け、大人にも社会見学ができる場所があります。

 

楽しい牧場も郊外にある。